有限会社 M&Gキタデ:鏡ファクトリー ホーム | 会社概要 | リンク集 | お問い合わせ | サイトマップ
鏡・ガラス・光学表面鏡・拡大鏡等の製造加工/薄板小物切断/パブミラー印刷/オリジナル鏡 開発製造/面取り加工はお任せください!
鏡ファクトリーの強み鏡ファクトリーでしかやりません!製品ラインナップお取引について納品実績の紹介鏡・硝子の知識お問い合わせ
鏡・硝子の知識
銀引き製法

銀鏡反応による銅銀引き製鏡方法自動機械鏡製造法として多く用いられている製造方法で大量生産に適した生産方法。

素板ガラスの表面に付着したホコリやゴミを完全に除去する ため洗剤を使って洗浄します。続いてガラス面の銀引きを完全なものにするため、塩化錫で処理し、さらにそれを純水で洗浄し、次の工程に送ります。
ベニガラにて硝子の表面を洗う (化成ソーダ硝子であるから弱アルカリで表面を洗う)


洗浄後の硝子に錫の溶液を掛け硝子表面を活性かする
硝子表面に金属膜を付ける事により銀膜がつきやすくする。



硝子に硝酸銀溶液と苛性ソーダ液(水酸化ナトリュゥム)とブドウ糖を掛け化学反応による還元作用で
硝子に銀膜を形成する。 純水にて洗浄する



銅の溶液を吹き付け銅膜を形成する。
銀膜の劣化を防ぐ為。



ロールコウター/カーテンコウター塗装法にて 裏面保護膜塗装を行う



連続乾燥炉にて保護膜の焼き付け





表面に洗浄剤を吹き付けブラシ洗浄を行う。

●硝酸銀溶液の造り方 硝酸銀結晶をアンモニア液で溶かす。 中和作用の為。
●ブドウ糖の造り方 砂糖/アルコール/硝酸で溶液を造る(硝酸引き鏡)

○他に酒石酸引きが有る。(ブドウ糖を造る際に酒石酸を使う)

鏡の製作工程-真空メッキ製法

真空蒸着法による製鏡(真空蒸着メッキ) 真空蒸着鏡は密着率が高く丈夫な為主に使用環境のハードな
自動車のバックミラーなどに使われている。

真空メッキ製法の工程
ガラスの洗浄

硝子を洗浄するベニガラ/セリュウム研磨材等使用 洗浄後乾燥
(付着水分を取る)



真空メッキ

蒸着真空装置(真空釜)に入れ真空蒸着メッキを行う

○真空蒸着メッキ〔物理蒸着法 PVD〕
真空中で物質、蒸着材料(アルミ)を電気分解加熱し発生した蒸気(ガス)を基板上に【硝子】凝縮・付着させて
作る 薄膜作製法。 (基板に対して密着率が高く丈夫である)


蒸着後メッキ面に対して直接塗装【メッキ面の保護のため】

○塗装剤 − エポキシ変性アミノアリキッド 樹脂塗料
真空蒸着鏡は密着率が高く丈夫であるため有機系の無鉛樹脂塗料で保護膜を形成する。

連続乾燥炉にて保護膜の焼き付け




表面に洗浄剤を吹き付けブラシ洗浄を行う。



鏡・硝子の知識
鏡や硝子について、少し専門的な情報、データを掲載しています。ご発注の際の参考にご利用ください。
鏡の製作工程について
板ガラスの製造法について
板ガラスの原料について

納品実績のご紹介

ご希望の形に自由自在★FREEオーダーカット

移り鮮明♪光学表面鏡カット

納品実績豊富です。鏡印刷

細部のズームや視力補正に!【拡大鏡オーダーカット】

ダンス用ミラー

サイドミラー、ドラミラー鏡カット

鏡の使い心地やデザイン性/映り方のクオリティにまでこだわる鏡専門店:鏡ねっと

クラフトパック手芸用鏡の少量オーダーカット

お問い合わせ:お気軽にご相談下さい

鏡・ガラスのことなら... 鏡ファクトリー
[有限会社M&Gキタデ] 〒580-0046
大阪府松原市三宅中7丁目3番地29号
TEL
(072)339-0144
FAX
(072)330-4430
E-MAIL factory@mgkitade.com


お問い合わせフォーム
 
トップページ | 鏡ファクトリーの強み | こんなこと鏡ファクトリーでしかやりません! | 製品ラインナップ

お取引について | 納品実績の紹介 | 鏡・硝子の知識 | 会社概要 | リンク集 | お問い合わせ | サイトマップ
ご意見・ご感想・ご質問などはこちらから... E-Mail:factory@mgkitade.com (c) Copyright 2007 MG Kitade Ltd. All Rights Reserved.